読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tabia

七草商店 毎月7.17.27日open お問い合わせ tabia0223@gmail.com

コーヒーとミシン



朝ミシン。

7月の寒い朝
しまったー窓がひとつあいてた。
喉ガラガラ、ハーークション!
加えてからだパキパキ。歳だ。

ミシン休憩して、曇って光のないソファにごろり。まだ息子の騒々しさがない今が心地よい。たくさん寝たあとの朝、自分だけのひそやかな雲隠れのような時間は不可欠。実現の日は嬉しい。


4時と4時半と6時に目覚ましをかけ、
目覚ましのならない5時に起きた。
4時半の次はなぜ6時だったのか。


tabiaの動きに関して迷いごとが起きる。
自分の優柔不断さが災いする。

動きが次第に大きくなっていくこと、知られていくということはこういうことなんだな。

ありがたい反面、ついひっそりしたくなる。先行き不透ではマズイと思わせられるからかな。
先への意思を定めずに進んで
周りの流れに越され始めると必ずこうなる。おお、34年生きてそこまではわかるようになってる。

これまでのように逃げ出したりしないよう自分のペースを守るべきか。
というか今までどういうものがマイペースなのかをなに一つ把握していない。
強いて言うならいつも伸び縮みして
散りじりで集められないのが自分だ。
てことは どうにでも動けるということかな。

どれどれ
もうひとコーヒー、もうひとミシンに戻るかな。